読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Joomla!アドレスの移動

 

  1. まず、サーバーにアップした後、新しくなったアドレスにアクセスする。
    例えば
    http://www.mysite.com/joomla/administrator/index.php
    から
    http://www.mysite.com/administrator/index.php
  2. このあと、「基本設定」のシステムのシステムの
    「ログフォルダパス」
    サーバの
    サーバ設定
    「Tempフォルダパス」

    FTP設定
    FTPルート」
    を変更。
  3. ヘルプのシステム情報のディレクトリ・パーミッションを開き、書き込み可に属性を変更。
  4. モジュールの追加でフィード表示をしている場合は「cache」の中の、拡張子が「.spc」の属性をオーナーの欄とその他の欄を全てチェックして、属性を707にする。

 

2.5.7へアップデート

「更新のインストール」ボタン一つでのアップグレードができなかったので、手動でアップグレードすることにした。

 

  1. 管理画面で「パッケージURLの更新」のところにあるzipファイルをダウンロードし、ローカルPCで解凍。
  2. サーバーの管理画面で、データベースのダンプファイルを取る。
  3. FileZillaでサーバー上のフォルダ、ファイルをローカルにダウンロードしてバックアップとして取っておく。
  4. FileZillaで1で解凍したフォルダ、ファイルを上書きアップロードした。
    その際、
    htaccess.txtは、.htaccessとしてすでに使用していたので、アップロードしなかった。

無事、表示が確認できた。

管理画面にも無事アクセスできた。

 

ちょっと気になった点。

フォルダ内のファイルはいちいち比較しなかったが、一番上の階層にあったファイルを比較したとき、joomla.xmlで差異があった。

 

旧ファイル→ <version>2.5.5</version>

新ファイル→ <version>2.5.7</version>

 

アップデート前はバージョン2.5.6を使っていた筈・・・。

サーバーがダウンした際に、サーバー上のデータを消してjoomlaをインストールしなおした時、間違えてjoomla2.5.5をインストールしてしまった経緯もあるため(その後2.5.6をインストールしなおしたが)、その辺が関係しているかも。

2.5.7へアップデートしたい・・・

2.5.6から2.5.7へアップグレードしようと思ったができなかった。

http://joomla.jp/

で、

「日本語ランゲージファイルを導入されている方はバージョン2.5.5以降一定時刻に自動更新されます。

最新の言語ファイルのバージョンはこちらから確認頂けます。」

と書いてある。どういう意味?

 

また明日。

Advanced Module Managerアンインストール

Advanced Module Managerをインストールしてあったが、あまり利点がわからなかったので、アンインストールをすることにした。

 

・・・インストール中エラーが出た。でもエクステンション管理の「管理」リストからは消えていた。原因不明。

フッターの著作権情報変更

テンプレートを直接変更

index.php

本当は管理画面のモジュールの編集とかからできるかなと思ったが、その方法が見つからず、結局ソースを直接編集することにした。

GoogleAnalyticsの設定

テンプレートに直接トラッキングコードを貼り付けた。

「エクステンション」-テンプレート管理」で

Beez5の「テンプレート」の方をクリックして編集画面を開く。

「テンプレートの管理:テンプレートのカスタマイズ」で

「テンプレートマスターファイル」で「メインテンプレート用テンプレートの編集」を

クリックする。

</head>タグの直前に、トラッキングコードを貼り付けて保存をクリック。

 

最初、保存ができないというエラーが出た。

FFFTPで、[templates]-[beez5]-[index.php]の属性を606に変更後、再度試したら保存できた。

コアサーバーのメンテナンス後

8月28日にコアサーバーがメンテナンスを行い、その後、Joomla!で作成したページ

http://www.waseda-street.com/

 

が表示されなくなった(Joomla!バージョン2.5.6)。

 

対応

とりあえず、データベースのダンプをとる。

さらにサーバー上のサイトのデータのバックアップをとる。

サーバー上のサイトのデータを削除し、Joomla!を再インストールし直す。

(インストール中に生成された、configuration.phpに貼り付けるコードをコピーしておく。)

 

バックアップしておいたデータをFTPソフトで戻したら無事、サイトが表示できた。

 

コピーしておいたコードを貼り付け、configuration.phpを作成。

その中にデータベースへのログイン情報、その他重要な情報が入っているので、要注意!

 

php.iniファイルは、以前エクステンションをインストールした時に必要だったため作成したが、とりあえず、今回はサーバー上には戻さず、なしのまま運用してみる。必要に応じてまた戻すかも。

 

管理画面にログインし、「サイト」→「システム情報」の「ディレクトリ権限」で状態が「書き込み不可」となっているファイルを、FTPソフトで属性変更する。